忍者ブログ

めざせ指人形マスター

キャラクターソフビ指人形をこよなく愛する一人の男が 「指人形マスター」と呼ばれることになる(といいな) までの顛末を記録した一代記である。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

京極夏彦著「百器徒然袋 雨、風」講談社ノベルス

DSC00020.JPG

ひさしぶりに京極夏彦を読みました。「姑獲鳥の夏」からずっと読んでいたんですが、「塗仏の宴」で登場人物である『小説家 関口』の行動に嫌気が差ししばらく遠ざかっていました。

今回のこの本は定価がそれぞれ1000円以上もするところを2冊とも200円で売られていたので久しぶりに買ってみた、というわけです。

一冊に3つの中篇が入っていて2冊で合計6編を楽しむことができます。主人公(というか語り部)は「僕」こと「本島俊夫」。活躍する探偵は「榎木津礼二郎」。どの話も事件の規模としては比較的小さく、長編でとりあげられた事件の合間に発生した騒動、という位置づけになっています。

 

構成も凝っていて、一例をあげると

・6編につけられたサブタイトルは「薔薇十字探偵の●▲」で統一され、この「●▲」がお話の順番にしりとりになっている。

・それぞれの話はおおむね7章程度で構成されているが、各章の冒頭の言葉やシーンが統一されている。(同じ言葉が使われていたり、にかよった場面であったり・・)

・1冊目の最後のページで「僕」の苗字が「本島」であることが明かされ、2冊目の最後のページでフルネーム「本島俊夫」が初めて登場します。ストーリーにはまったく関係の無いことですが。

などがあげられます。

 

もともと京極夏彦の作品は推理小説の体裁をとりながらも「ストーリーでうならせる」というより、妖怪をはじめとするさまざまな小道具、薀蓄、キャラクターで読ませる「雰囲気重視」の作品が多いと思うのですが、この2冊は、その「キャラクター」を最大限に動かした結果うまれた、きわめて痛快な本であるといえます。

語り口も軽妙であるうえ、独特な癖のあるキャラクターたちを「僕」という極めて普通の人間の目を通して描いているために、数ページ読んではくすっ、また数ページ読んではプププ、と笑いがこみ上げてきます。

もちろん、他の長編を読んで各キャラクターの特質を理解しておかないと、この笑いを体験することはできませんが、根っからの京極ファンであれば十分に楽しむことができるでしょう。

 

しかし、榎木津というキャラクターに対してこのような破天荒な使い方があるとは思いもよりませんでした。彼には『他人の記憶を見ることができる』という体質?があるのですが、最初に「姑獲鳥の夏」で彼とであったときは『直接、犯罪やトリックに関係していない人が嘘や勘違いをしていないことを証明する』ためのキャラクターであり、この作者もうまく逃げているなぁ、としか思わなかったものです(詳しくは忘れましたが、推理小説につきもののジレンマだそうです。確かに証言すべてを疑っていては話が進みませんからねぇ)。

それが、この作品では傍若無人、快刀乱麻、完全粉砕と大活躍します。ただしこの便利すぎる体質のためか、それぞれのストーリー後半で事件収束のために突然現れる、といった使い方になっています。また、長編で探偵役をつとめた京極堂こと「中禅寺」も重要な役どころとして登場します。

 

事件のきっかけを作ったりいやおうなしに巻き込まれている、極めて普通人である「僕」、「僕」よりは変人であるがまだ理解可能な「榎木津の下僕(と呼ばれる探偵たち)」。彼らには理解不可能な事件のからくりを瞬時にして理解し彼らにわかりやすく伝える「中禅寺」、読者を含めてすべての登場人物(もちろん中禅寺を除いて)の意表をつく『力技』で事件を収束させる「榎木津」と人物配置も実に巧みです。

長編に登場する(私の大嫌いな)「関口」や、中禅寺の妹である「敦子」もところどころで顔を出してきます。未読の方はぜひ彼らの作り出す身近なように見えてとても不思議な世界を体験してみてください。

 

個人的な感想ですが、「榎木津」が「わははははは」と笑いながらやくざな人たちを叩きのめすシーンは「安永航一郎」画、がとても似合いそうです・・・・

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お知らせ

Copyright ©  -- めざせ指人形マスター --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]